ナショナルジオグラフリックのホテル

世界中の文化、自然と歴史をハイライトし、美しい写真を掲載する世界雑誌のナショジオ。

世界中を旅するだけあってステキなホテルをたくさん知っている。

ナショジオのウエブサイト「ユニークロッジ」で取り上げられているホテルはすべて「Sustainability」―持続性と責任―という厳しい審査基準をクリアしたホテルだけ集められている。

その一つがオーストラリアのエアーズロックにあるLongitude 131°/ロンギチュード 131°

お部屋は、ホテル建設の足跡を最小限にするため、ゲストルームは驚くことにおしゃれな大型テントで、すぐに解体できる優れものを使用。

床は天然石を使い、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるようになっている。

施設内はソーラーパネルで電力を発電。

廃棄物を最小限にするため、宿泊者は再利用可能な水ボトルを手渡される。

持続性は環境だけではない。自然を残すことは大事な要素ではあるがそこに住む人々の生活そして築いてきた文化にたくさんのゲストが触れ、土産話となって語り継がれるのも一つの持続性である。

持続性を守るのがホテルであり、運営する企業の責任と位置づけられている。こんなポリシーとマインドそして行動力を持った企業が沖縄の観光に必要なのかもしれない。世界を目指すのではなく、世界に何をもって目指すのかを明確化する時かもしれません。

http://www.nationalgeographiclodges.com/

http://longitude131.com.au/