WAWF登録管理及び請求代行

Wide Area Workflow (通称WAWF/ワーフ)とは

PIEEサイトにあるWide Area Workflow (通称WAWF/ワーフ)とは米国政府がインターネット上で請求を管理するシステムです。

以前は、Electronic Funds Transfer (電子振込み)設定を行い、契約業務完了後に契約担当者に請求書を提出後、銀行に振り込まれる方法でした。

しかし現在は、米国政府のペーパレス方針に従い、WAWFシステムを使用した請求に移行が始まっています。

WAWF登録は事前にSAM登録が必須となります。年間最低でも4回のパスワード更新が必要になります。SAMシステム同様、不定期に改訂が行われますので、定期的にサイトをご確認されることをおすすめいたします。WAWFサイトもSAM同様に不定期に更新が行われます。

弊社では、SAM、WAWF登録、更新を今まで3,000社以上の登録・更新実績がございます。
SAM、WAWF登録または更新でお困りの企業さま、是非弊社のサービスをご検討下さい。

登録代行の流れ

Step 1

SAMシステムへの登録

PIEEサイト内のWAWFシステムに登録するには、まずSAMシステムの登録を完了することが必須条件です。SAMシステムで「電子ビジネス担当者(EBPOC)」の担当となった方がWAWFアカウントの管理者になりますので、WAWFアカウント作成の際にその方を担当者として申請して下さい。

Step 2

NCAGEコードをPIEEシステムに申請

NCAGEコードをPIEEシステムに申請します。NCAGEコードはSAM登録前に必要なコード番号です。

申請は下記いずれかの方法で行います。

電話で申請
WAWFのカスタマーサポートセンターにNCAGEコードの申請を依頼する。

電話番号:1-866-618-5988

※事前に米国現地時間をご確認ください。

・メールで申請
Ogden Help Desk宛に申請を英語で依頼
disa.global.servicedesk.mbx.eb-ticket-requests@mail.mil

・ベンダーカスタマーサポートセンターURL

Step 3

WAWFシステムへの登録

NCAGE コードの申請が完了したら、WAWFシステムの案内に従って必要な情報を入力します。スムーズに進めば15分ほどで仮登録は完了します。1~2日後、登録完了のメールが届きアカウント登録完了となります。